引越し 見積もり おすすめ

引越し見積もりのおすすめ

引越し 見積もり 概算

引越し 見積もり 費用

引越し 見積もり おすすめ

引っ越し 見積もり 平均

 

引越しにかかる費用を知りたい。

 

引越し費用は、スタッフの人件費+トラックのガソリン代+オプションの有無などによって決まります。

 

 

引越し 概算

 

 

当然ながら引越しにかかる費用は条件によって違います。
同じ荷物の量でも近距離引越しと遠距離なら、遠距離の方が費用がだいぶかかります。

 

あなたの引越しの見積もり概算を知りたいなら、一括見積もりを取ってみましょう。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

当日トラブルにならないためには、見積もりの際にできるだけ正確に入力することです。

 

冷蔵庫の大きさや物件のエレベーターの有無、引越しには重要なチェックポイントとなります。

 

さらにできるだけ安くしたいなら、引越し当日までにいらない家財を処分することです。
新居に運んでから捨てよう・・・というのは、無駄な費用がかかります。

 

できるだけ荷物を減らして、一括見積もりをすれば、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることがとても多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。
だいたい1〜2ヶ月前から準備が始まります。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

引越しが確実になったら大家さんや管理会社に退去に意向を伝えてください。次の入居者を募る準備を始めないといけないからです。

 

引越し業者への見積もり依頼ですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較して、一番良いと思った引越し業者と契約して押さえておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するには時間がかかるので、早めに取り掛かってください。
荷造りも使わないものや季節違いの洋服などからどんどんダンボールに詰めて行きましょう。

 

役所関係の書類の提出、電気やガスなどのインフラの停止や料金精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよあとは引越し当日です。

 

引越し当日、荷物の運搬はスタッフにおまかせして、家財の配置を指示してあげてくださいね。

 

引越し業者が運べないものがいくつかあるので、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で運ぶようにしてください。

 

引越ししたら、合間をぬってご近所へ挨拶に行きます。

 

引越し後2週間以内に、転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証、パスポートなど住所変更が必要なもののを変更してください。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者が扱っている有料オプションサービスには次のようなものがあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

1社だけでこんなにサービスがある引越し業者はありません。
どんなサービスを利用したいかで業者の選び方が変わりますね。

 

さてこの中でもっとも依頼数が多いのはエアコンの移設だそうです。
エアコンが2〜3台あるご家庭も多いですし、引越し前と引越し後の2回も自分で手配するのは面倒ですものね。
引越し業者にオプションで依頼するのが一番カンタンです。

 

それとピアノをお持ちの方はオプション依頼することをお忘れなく。
ピアノを運搬できない引越し業者もあるので、必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しは引越しの距離や運ぶ荷物が同じだったら、いつでも費用が同じというものではありません。
繁忙期は通常期に比べて引越し費用が高額なります。

 

引越し業界の繁忙期というのは、3月〜4月上旬です。

 

日本では受験が2〜3月に終わり新学期が4月から始まるため、新大学生や新社会人は春休みの3月下旬から4月上旬に引越しを行います。
これが全国の大学や会社で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者は大忙しです。

 

これだけではありません。
この時期にサラリーマンの春の転勤も重なるため、最悪、引越し業者が見つからないなどという事も起こります。

 

引越し業者も繁忙期はスタッフを増員するなどして対応します。
そのため、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。

 

遠距離引越しにいたっては7ケタの請求が来ることも本当にあるそうです。

 

ですから、もし可能であれば、繁忙期の引越しは避けましょう。
まずは身軽で引越しして、繁忙期が終わってから必要なものを送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどなどの工夫が必要です。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ごみ

 

家の中にいらないものはありませんか?
引越しのときに思い切って処分してしまいましょう。

 

一辺の大きさが50センチ以上のものや重さが50kgを超えるものは、粗大ゴミです。
それとガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

粗大ゴミの処分方法は自治体によって異なりますが、多くの自治体では主に2つの方法を採用しています。
回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)です。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

自分の便利な方法を選んでくださいね。

 

ただし、例外の家電がいくつかあります。
家電リサイクル法で定められた家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。これらは粗大ごみとして処分することが出来ません。

 

 

 

引っ越し 料金 目安 長距離 引越し 見積もり 引越し 料金 格安 近距離 引越し 安い 冷蔵庫 引っ越し 安い